FC2ブログ
 

株は統計主義!(4つの注目銘柄を毎日紹介)

独自の統計的手法で探し出した注目銘柄を毎日提示します。
 
 
プロフィール

イエマンジャ

Author:イエマンジャ
「株は統計主義!」を主宰するイエマンジャです。ここブログでは、過去のデータから統計的手法で選択した銘柄の中から毎日4銘柄を選び紹介しています。また、過去20営業日以内の推奨銘柄で顕著に上昇したものをリストアップします。

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ

来週月曜(10月22日)の注目銘柄 

来る10月31日でシェアウェア版の配布・販売を終了する「有望銘柄サーチ」で条件に合致した候補の中から 注目銘柄に値するものを4銘柄選ぶことが出来なかったので、来週月曜(10月22日)の注目銘柄はありません。

今日も全面安で、合致銘柄数は昨日より若干増加しました。2008年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ3銘柄で対象外、期待上昇率3.9%が延べ5銘柄10営業日以内に注目銘柄に指定したものと重複を除いた実質銘柄数も5でしたが、内容が悪く却下しました。期待上昇率3.3%は延べ12銘柄/実質10銘柄でしたが、内容が悪く却下しました。2014年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ40銘柄/実質29銘柄、期待上昇率3.9%が延べ80銘柄/実質67銘柄、期待上昇率3.3%が延べ170銘柄/実質130銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。

今日は全面安で条件合致銘柄数が増加し2014期待上昇率3.3%で実質130銘柄になったのですが、内容が悪く2日連続の注目銘柄なしになってしまいました。今日は昨日の米国株安を受けて日経平均は-300円超の下げで始まり一時-400円にまで下げ幅を広げました。しかし、上海総合指数が下げ止まったことで緩やかな上昇に転じ引けではかなり下げ幅を縮めました。他の当方の主要指標も日経平均とほぼ同じ動きでした。東証は米国と中国に翻弄されっぱなしの全く自主性のない市場なので、来週も米中の株式市場の成り行き次第でしょう。とりあえずは今晩の米国市場が上昇することを祈るのみです。


統計的処理で選出した数十の候補の中からチャートを見て最終的に4銘柄を選んでいます。選定に当たり、業績・財務状況など値動き以外の要素については一切考慮されていません。監理銘柄あるいは整理銘柄が含まれている可能性があるので注意してください。株売買は自己責任で行ってください。

注目銘柄の選定方法についてはこちらをご覧ください。

スポンサーサイト

明日(10月19日)の注目銘柄 

来る10月31日でシェアウェア版の配布・販売を終了する「有望銘柄サーチ」で条件に合致した候補の中から 注目銘柄に値するものを4銘柄選ぶことが出来なかったので、明日(10月19日)の注目銘柄はありません。

今日は全面安ですが、合致銘柄数は昨日より減少しました。2008年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ6銘柄で10営業日以内に注目銘柄に指定したものと重複を除いた実質銘柄数は4でしたが、内容が悪く却下しました。期待上昇率3.9%は延べ6銘柄/実質5銘柄、期待上昇率3.3%は延べ9銘柄/実質8銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。2014年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ33銘柄/実質27銘柄、期待上昇率3.9%が延べ58銘柄/実質52銘柄、期待上昇率3.3%が延べ128銘柄/実質110銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。

今日は全面安にも拘わらず条件合致銘柄数は減少し、2014期待上昇率3.3%で実質110銘柄になりました。数が減っただけでなく内容も悪く、注目銘柄は5営業日で途切れました。昨晩はダウ/NASDAQともに僅かな下げだったので今日の東証はあまり動きはないと思っていたのですが、全般的な朝高からしっかりの陰線で終値はある程度の下げになりました。東証が下げに転じたのは、人民元が急落しそれに伴い上海総合指数が下がったことが原因のようです。上海総合指数人民元の下げ自体は中国に生産拠点を持つ企業にとってはプラス材料ですが、上海総合指数も下がりリスク回避からか円高になったことで人民元の下げによるメリットは吹っ飛んでしまったようです。米国株の下げが一服したと思った今度はチャイナ・リスクで、一難去ってまた一難です。


統計的処理で選出した数十の候補の中からチャートを見て最終的に4銘柄を選んでいます。選定に当たり、業績・財務状況など値動き以外の要素については一切考慮されていません。監理銘柄あるいは整理銘柄が含まれている可能性があるので注意してください。株売買は自己責任で行ってください。

注目銘柄の選定方法についてはこちらをご覧ください。

明日(10月18日)の注目銘柄 

来る10月31日でシェアウェア版の配布・販売を終了する「有望銘柄サーチ」で条件に合致した以下の延べ 173銘柄の中から、明日(10月18日)の注目銘柄を選びました。

株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.3%) 154銘柄
株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.3%) 16銘柄
株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.3%) 3銘柄

1435 (株)TATERU
6069 トレンダーズ(株)
6537 WASHハウス(株)
6955 FDK(株)

今日も全面高で、条件合致銘柄数は昨日より減少しました。2008年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ3銘柄で対象外、期待上昇率3.3%は延べ4銘柄で10営業日以内に注目銘柄に指定したものと重複を除いた実質銘柄数も4でしたが、内容が悪く却下しました。期待上昇率3.3%は延べ9銘柄/実質8銘柄でしたが、内容が悪く却下しました。2014年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ35銘柄/実質32銘柄、期待上昇率3.9%が延べ74銘柄/実質67銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。そこで今日は延べ173銘柄/実質159銘柄となった2014期待上昇率3.3%から注目銘柄を4つ選びました。

今日の条件合致銘柄数は昨日より大分減ったのですが、それでも2014期待上昇率3.3%で実質159ありました。この中から4つの注目銘柄を選ぶことが出来て、5営業日連続での注目銘柄になりました。今日の東証は、米国株の大幅高を受けて全面高になりました。これで、今回の調整も一段落という感じになりました。地面師に騙された積水ハウスは、お粗末としか言いようがないですね。本当の土地所有者から「売買契約はしていない」と申し立てがあったのに、これを怪文書として無視するという信じられないようなミスをしてしてしまいました。日本の会社が劣化が進んでいるひとつの現れでしょうか。劣化と言えばKYBのデータ改ざんも、またかという感じです。コンプライアンス順守と内部告発のハードルが低くなったことで表面化する確率が高くなったとはいえ、まだまだ明るみに出ていないものが沢山あるのでしょうね。


統計的処理で選出した数十の候補の中からチャートを見て最終的に4銘柄を選んでいます。選定に当たり、業績・財務状況など値動き以外の要素については一切考慮されていません。監理銘柄あるいは整理銘柄が含まれている可能性があるので注意してください。株売買は自己責任で行ってください。

本日値上がりし、注目銘柄とした日の始値に対して基準以上の上昇となっている銘柄(本日高値および本日終値の後のパーセント表示は注目日始値に対する上昇率)

銘柄注目日始値本日高値本日終値
6624 田淵電機(株)182(10/15)231 26.9%↑231 26.9%↑
3415 (株)TOKYO BASE550(10/12)709 28.9%↑697 26.7%↑

上昇銘柄の選定基準についてはこちらをご覧ください。

注目銘柄の選定方法についてはこちらをご覧ください。

明日(10月17日)の注目銘柄 

来る10月31日でシェアウェア版の配布・販売を終了する「有望銘柄サーチ」で条件に合致した以下の延べ 400銘柄の中から、明日(10月17日)の注目銘柄を選びました。

株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.3%) 336銘柄
株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.3%) 60銘柄
株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.3%) 4銘柄

3920 アイビーシー(株)
4565 そーせいグループ(株)
6625 JALCOホールディングス(株)
9262 (株)シルバーライフ

今日は全面高で、条件合致銘柄数は昨日よりちょっと減少しました。2008年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ4銘柄でしたが10営業日以内に注目銘柄に指定したものと重複を除いた実質銘柄数は2で対象外でした。期待上昇率3.9%は延べ5銘柄/実質4銘柄、期待上昇率3.3%は延べ20銘柄/実質16銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。2014年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ70銘柄/実質57銘柄、期待上昇率3.9%が延べ159銘柄/実質136銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。そこで今日は延べ400銘柄/実質342銘柄となった2014期待上昇率3.3%から注目銘柄を4つ選びました。

今日の条件合致銘柄数は昨日よりちょっと減ったのですが、、2014期待上昇率3.3%で実質342でした。今日はこの中から4つの注目銘柄を選ぶことが出来て、4営業日連続での注目銘柄になりました。今日の東証は米国株が下げだったにも拘わらず、全面高になりました。昨日大きく下げた日経平均/TOPIXは昨日の下げ8割方を戻し、昨日下げ幅の小さかったJASDAQ/マザーズは小幅な上げになりました。昨日の米国株は小幅な下げだので方向性が掴めず、昨日の下げ過ぎを是正しただけという感じです。少なくと今日の上げは、「今回の下げはここまでで流れが変わる」というものなことは確かだと思います。


統計的処理で選出した数十の候補の中からチャートを見て最終的に4銘柄を選んでいます。選定に当たり、業績・財務状況など値動き以外の要素については一切考慮されていません。監理銘柄あるいは整理銘柄が含まれている可能性があるので注意してください。株売買は自己責任で行ってください。

注目銘柄の選定方法についてはこちらをご覧ください。

明日(10月16日)の注目銘柄 

来る10月31日でシェアウェア版の配布・販売を終了する「有望銘柄サーチ」で条件に合致した以下の延べ 146銘柄の中から、明日(10月16日)の注目銘柄を選びました。

株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.9%) 127銘柄
株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.9%) 17銘柄
株価が低いときのゴールデンクロス2014(3.9%) 2銘柄

3244 サムティ(株)
3921 (株)ネオジャパン
6927 ヘリオス テクノ ホールディング(株)
7748 (株)ホロン

今日は全円安でしたが、条件合致銘柄数は昨日とほぼ同数でした。2008年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ4銘柄でしたが10営業日以内に注目銘柄に指定したものと重複を除いた実質銘柄数は3で対象外でした。期待上昇率3.9%は延べ9銘柄/実質8銘柄、期待上昇率3.3%は延べ19銘柄/実質17銘柄でしたが、いずれも内容が悪く却下しました。2014年モデルは、期待上昇率4.5%が延べ70銘柄/実質65銘柄でしたが、内容が悪く却下しました。そこで今日は延べ146銘柄/実質138銘柄となった2014期待上昇率3.9%から注目銘柄を4つ選びました。

今日の条件合致銘柄数は昨日とほぼ同数で、2014期待上昇率3.9%の条件合致銘柄数は138でした。今日はこの中から4つの注目銘柄を選ぶことができ、3営業日連続での注目銘柄になりました。先週金曜の米国株はダウ/NASDAQとも戻したのですが、金曜に戻した東証は再び下げてしまいました。日経平均とTOPIXは大きく下がり、ともに昨日の最低値を下回る値で引けました。特に悪いがTOPIXで終値としては3/23来の安値で引けました。円高が進んでいることと米国が為替条項を要求していることが大きく響いたようです。どうやら来年のゴールデンウィークは9連休になりそうです。証券取引市場が9日連続で休むというのは過去に例がないと思います。連休前は手控えと手仕舞いでかなり下がるような気がします。来年の4月、5月は難しい2か月になりそうです。


統計的処理で選出した数十の候補の中からチャートを見て最終的に4銘柄を選んでいます。選定に当たり、業績・財務状況など値動き以外の要素については一切考慮されていません。監理銘柄あるいは整理銘柄が含まれている可能性があるので注意してください。株売買は自己責任で行ってください。

本日値上がりし、注目銘柄とした日の始値に対して基準以上の上昇となっている銘柄(本日高値および本日終値の後のパーセント表示は注目日始値に対する上昇率)

銘柄注目日始値本日高値本日終値
3415 (株)TOKYO BASE550(10/12)656 19.3%↑620 12.7%↑

上昇銘柄の選定基準についてはこちらをご覧ください。

注目銘柄の選定方法についてはこちらをご覧ください。

検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム
QRコード
QR